FC2ブログ

久々にドラマを見たよ。

皆さん、こんばんは(^o^)

今日はホントに何年ぶりかにドラマを見てしまいました!
それは・・・「同窓会~ラブ・アゲイン症候群」ですっ!(≧∇≦)
最初、新聞の番組案内を読んだ時、
「いやぁ~、これを見ちゃあ45歳・ジャストの自分、TV局の思惑に
ドツボにはまった、罠にかかったイノシシじゃん!」と、「見るまい」と
思いながら見てしまった・・・(失笑)
何が「見るまい」と思わせたのかというと、「黒木瞳が45歳の役だって?!
そりゃあちょっと無理じゃないですかい?!」というトコです。
黒木瞳さんが悪いんじゃなくて、「45歳」にはちょっと見えません。
キレイだけど「45歳」には無理がある・・と。
では数年ぶりに何が最後まで見らせたのかというと・・・
斉藤由貴のプヨプヨぶりでした!
いや、これは悪い意味ではなく、一番リアリティーがあって、身近に感じさせる
現実味があったのです!
大体、普通40代半ばがあんなに黒木瞳のようにキレイか?
おおむねの一般人はあ~はいくまい。そこで「非現実」の世界を実感する。
正直、今の時代に非現実な物を一時間見入るヒマがある人が沢山居るだろうか?
そんなヒマがあったらネットしとくわ、モバゲーするわ・・という人の方が
多いのではないだろうか?
現代のドラマの敵は昔と違うのだ。ドラマもドラマ同士ではなく、他の誘惑モノとも
戦わないといけない時代なのだ。
今の時代、ドラマが不調というのは、私が見なくなった理由の大きなものに
「あまりにも現実味がなく自分の生活とかけ離れている」というのがある。
エリートサラリーマンが美女に囲まれる、世界を駆けめぐるビジネスマン。
まぁ、大分県に住んでたら、あまり関係がないわな。
こんな夢物語を貴重な時間を割いて見るか?時間がもったいねぇわな。
映画「おくりびと」をTVで見たけど、モックンの肉体美はとてもチェリストの
モノとは思えず、思わず「ジムのインストラクターの設定の方が良くねぇ?」
と思ってしまった。広末涼子もキレイすぎだ。
それに相反して斉藤由貴のプヨプヨぶりは凄く共感が持てた!
やっぱり45歳はこうでなくっちゃあ!(≧∇≦)
あの二の腕の太さ、しまりのなさが”有閑セレブ”をまさに体を使って
表現しているではないか!一番の抜擢である!
斉藤由貴が出演するので、私はこれからもこのドラマを見ようと思う!
三上博史は昔とても好きだったから、これはこれで良いだろう。
あぁ、久々にクリーンヒット。でも、内容は大した事ないと思う。
斉藤由貴の存在が良い!
もし彼女が肉体を引き締めにかかったら見なくなると思う。
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
03 05
プロフィール

ひょうくま

Author:ひょうくま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード