FC2ブログ

宇佐神宮旅行記。

今月5日の旅行10倍dayに行った、宇佐神宮。
そこでおみくじを引きました。
最初に引いたのは「宇佐神宮・八徳神おみくじ」
色んな神様のお守りが入っています。お守り付きなので200円(笑)
先月からかーなーり精神的に不安定で、先月行った高千穂では、小吉、末吉のおみくじ
ばかりだったけど、それが凄く納得出来る結果だったんですよね。
今回も調子はイマイチな気がして、そんなに期待はしてなかったんです。
ただ、このおみくじを引く前に「3人神様のお守りに当たりたいなぁ・・」と思ってたところ、
中を開けてみたら・・・希望通り、3人神様のお守りが入っていたので超嬉しかった!
3人の神様のお守りは「比売神様(ひめがみさま)」だそうです。三女神のお姿です。
おみくじ(お守り付き)
願い事の文面を読んで、思わず苦笑してしまいました。
いやぁ~、実はそこが今一番の悩みだからです。
我が家は来年から大学生2人を抱える家庭となり、一番の悩みがやはり学費。
せめて次男・ナオには国公立に合格して貰わないと、行き詰まりは目に見えています。
(ナオは理系なので、学費が高い)
かといって、もし不合格だった場合、予備校に通わせる余裕もないし、せめて潤沢な
資金があれば、「落ちたって、私立にイケイケ!」って大船に乗った気持ちで居られるのですが・・。
まさに今の我が家は泥舟とは申しませんが、ちょっとの風に煽られるような木の葉舟。
あぁ、神様、どうかなりませんかねぇ~・・という切実な悩みを抱えているのです。
しかし、先ほどから私はこの願望の意味が正直、よくわからなくなってきました。
最初、良いように解釈していたのですが、読み返してみたら・・・これって、良くないんじゃない?!
心任せ・・・どうにかなるわ・・なんて安心してたら良くないぜ!って事かしら?
うわ~っ!何か、最初は良いように解釈してたのが、私の心に暗雲立ちこめてきましたぜ~!
どなたか、正しい意味合いを教えて下さい(笑)

その後、片参りにならないように、下宮にもお参りしてきました。

あ、折角なので、上宮のお写真からUPしておきましょう!
宇佐神宮・上宮
当日はそこそこの雨と、朝がまだちょっと早かった為、観光客が少なかったので
誰も居ない場面でシャッターをきることが出来ました!
ちなみに左側がパワースポットと紹介されている「一之御殿」です。
右側にはこれまたパワースポットと紹介されているご神木があります。(画面には入りきれなかった)
あ!かろうじて枝葉が写っておりますよ!樹齢800年・・と書かれていた憶えがあります。

そして、こちらが下宮です。
宇佐神宮・下宮
個人的には、こちらの下宮も上宮に負けじ劣らず好きでございます。
上宮は、位が高いというか、気後れするような気高さを感じるのですが、こちらの下宮は
庶民の信仰を受けた・・と案内板に書かれてあった記憶があるのですが、まさにそんな感じで
遠慮なくお願い事が出来そう!少々無茶難題をお願いしても怒られそうな気はしません(笑)
折角なので、こちらでもおみくじを引いてみました。今度はおみくじのみ、です。
おみくじ
こちらでも、まさかの大吉!
それより驚いたのが、こちらでも自分の心情と交わりあう内容が書かれていること!
恥ずかしいので私のお願い事はおおっぴらには出来ませんが、まさに通常、”叶い難い事”。
それが”半ばより案外安く叶う”・・って、神様、そりゃあちょっとリップサービスしすぎじゃあ
あ~~りませんかっ?!そこまで言ってくれるなら、叶えて欲しいんすけど・・・(笑)
しかし、”半ば”・・・”なかば”って、どのへんの半ば?今月?これから先1年の半ば??
こんな事を言われるとドキドキして平静でいられませんよってに!

こちらのおみくじには、裏に「神の教」が書かれています。
個人的にはこの項目が意外に好きだったりします。
通常、耳の痛い事が書かれてる場合が多いのですが、今回はちょっと違ってました。

「影が鏡か、かがみがかげか、拝む心が、神ごころ
拝む姿が、拝む心が、神の姿、神の心。
神様の清(すがし)い正しい誠の心と、神様から受け傅える真直ぐな、美しい自分の心が、
拝むことによって、ピッタリ一つに照らし合わされれば、邪魔のはいる一分の隙もない。
安心して其日其日が楽しく面白く過ごされる。」

何か後ろから後押しされるような、心強いお言葉を頂いたような気がします。
お願い事、叶いますように!!!

時間があれば、他の写真も後々UPしたいと思います
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
09 11
プロフィール

ひょうくま

Author:ひょうくま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード